大島能楽堂

ペック イングリッシュスクール

0120-233-498

〒743-0011 山口県光市光井8-8-29

営業時間 10:00〜22:00/定休日 日・月・祝日

lv

大島能楽堂

お知らせ英語教育についてオフィシャルブログ

2018/09/20 大島能楽堂

福山の大島能楽堂に行ってきました。

 

ここは福山藩、阿部家のお抱え能楽師の伝統を

現在も守り続けている、地方では稀有の能楽堂です。

 

お能の素晴らしさは、舞い、謡い、笛、鼓、太鼓といった

芸術がすべて楽しめることです。しかもすべて生!

 

偏見かもしれませんが、電気的に再生した音と

生の音とでは体にしみ込む度合いが違うような

気がします。

 

お能を鑑賞していると、突然猛烈な眠気に襲われたり、

逆に意識が覚醒したりします。疲れてぐったりしていたのが

講演の後元気が湧いてきたり、不思議なことがいっぱい

起こります。

 

我々も生の英語にこだわっていますが、生の人間でしか

生み出せない宝が凝縮されているのがお能だと思います。

 

北村

 

Last weekend, I went to see Noh at Oshima Noh Theater in Fukuyama.

 

This theater started as an official Noh Theater in the Edo period and

has been preserved by a family called Oshima. There are many Noh

theaters all over Japan but this type is very rare.

 

I love Noh because this is the oldest drama tradition consisting of

physical and musical performances (Tuzumi , a handy drum,  Taiko,

a Japanese drum and Fue, a Japanese flute ).

 

I am moved mainly because everything is done by real

human beings who have trained a lot of years. When we attend

almost any concert, we hear electrically processed sounds. But

a Noh performance is different, so the moment I hear the sound

of Tuzumi, I can enter a totally different world.

 

Noh is strange. During the performance I sometimes feel very drowsy

(not because of lack of sleep) and sometimes feel 200 % awake.

I begin exhausted by daily matters, but finish full of energy.

 

In my hypothesis, Noh directly affects our mind and we

can experience a different stage of consciousness. This

kind of stuff never happens in any other art.

 

Yoshi

 

img_2529 img_2530

 

公演のパンフと開演前の能舞台

TOP