旧交を温める

ペック イングリッシュスクール

0120-233-498

〒743-0011 山口県光市光井8-8-29

営業時間 10:00〜22:00/定休日 日・月・祝日

lv

旧交を温める

お知らせ英語教育についてオフィシャルブログ

2019/05/06 旧交を温める

ゴールデンウイーク中、九大で経済工学を

勉強している元PEC生のTくんからメールが入って、

「今帰ってるんですが、お昼どうですか」と言ってきました。

 

完全にだらだらモードの毎日だったのをリセットして、

島田川沿いのNカフェさんでランチしました。

 

「どんな、大学は面白い?」と聞くと、

 

「最高です」と、当然と言った表情で答えます。言葉に余裕があって、

一回り大きくなった印象です。

 

「博多は家賃は安いし、食べ物はうまいしー。しかもアジアの

ハブだから、外国人留学生も多いでしょ」

 

「ですね、ベトナムから国費留学で来てる人と親しくなったんですけど

水道のシステムを九大で研究して、それを国づくりの役に立てる

って、言ってました」

 

「すごい!そういう人と話すのはもちろん英語だよね]

 

「はい。おかげで英語は入った時から全然苦労なく使ってます」

 

「PECの英語は、自分の言葉で話すことを目標にカリキュラム

作っているからね」

 

「ですね、One On One をずっとやってたおかげで思ったことを

しっかり表現できます」

 

「ところで大学ではどんなことをやってるの?もう三年だから

ゼミでしょ」

 

「はい、コンピュータを使って経済モデルの考えるみたいな

感じのゼミです。ほとんど数学ばっか使ってます」

 

「そっか、あなた理数科だったもんね。数三までバッチリだね。

そういう勉強して、就職は?」

 

「この夏、インターンに行って企業のイメージをつかもうと

思ってます。でも就活だと地方は圧倒的に不利です。

いろんなイベントは東京か大阪ですからー」

 

「なるほどね。ところで、PECの教材はどう?私は教材作りマニアで

今でも作っては改善してるんだけど」

 

「すごいですね。高2くらいからやらしてもらった記述のプリントは

ほんとよかったです。1枚のプリントやるのにそれまで勉強してきた

全ての知識を動員する感じでー」

 

「けっこうハマってやってたよね」

 

「TOEICとかは小手先のスキルで点が伸びるんですが、やっぱ

大学の二次試験の問題は深く考えなければならないので次元が

違います」

 

「いくら制度改革があっても、大学の先生たちがやめないはずだよね」

 

「全くそうです」

 

島田川の水を見ながら、こんな会話が続き楽しい時間でした。

 

最後の辺でTくんが言いました。

 

「先生のブログ1年半くらい前、偶然見つけて、時々見るんですよ。

でも最近更新がないみたいでー」

 

といった訳で、久しぶりにこのブログ書いてます。

 

北村

 

 

 

img_2768

 

アメリカの大学のキャンパスで見つけたチョークアート

TOP